ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

ヘルスケア

ヘルスケア業界は、少子高齢長寿国化による社会保障関連費の急速な増加を受け、診療報酬や介護報酬の見直し、地域包括医療の強化、医療・介護人材の慢性的な不足など、多くの課題を抱えています。その一方で、新たなテクノロジーの発展により、IT活用や今までにない医療機器や治療法、ビッグデータやAIを活用した新たなサービスの創出が期待されています。

日立コンサルティングは、日立グループが有する新たなテクノロジーとノウハウ、そして豊富な実績を活用し、主に病院経営課題の解決に向けた医療コンサルティングサービスを展開しています。

変貌するヘルスケア業界

日進月歩に進化を続けていくヘルスケア業界では、従来の患者の治療履歴データだけではなく、患者の服薬データや生活運動データなど、デジタルデータの活用によって、予防〜診断・治療〜予後・介護過程への医療サービスの幅や品質が大きく向上することが期待できる「デジタルヘルスケア」への取り組みが始まっています。

例えば、総合病院を中心に患者個人の医療データを統合し、病院経営に役立てるだけではなく、その前工程である予防、後工程である予後・介護までシームレスに情報を連携する、今までにない新たなサービスが創出されています。

IoTがつなぐデジタルヘルスケアの未来像
画像を拡大する (新規ウィンドウを表示)

病院経営者が直面する課題

超高齢社会に向けた社会保障関連費抑制のための医療・保険制度改革、医療需要の増加、医療・介護人材の供給不足など、病院経営者が直面する課題は多岐にわたります。これらの課題に対しても、デジタル技術を活用することにより、病院経営の効率化、医療機関の機能分化・連携、IT活用よる業務改善などの効果が期待できます。

また、医療現場においても、医療技術の進歩とともにデジタル技術が活用され、電子カルテや先進診断機器、治療機器の導入などが浸透し、今後は更にIoTやビッグデータ、AIの活用などが期待されています。

政治的背景 社会的背景 経済的背景 技術的背景

このような状況で、病院をはじめとする医療機関では、業務や制度を新たに整備し、設備や機器、IT導入などを進めているものの、目先の業務や課題に振り回され、「モグラ叩き」の対策に終始しているケースが少なくありません。思ったような投資対効果が出ない例、俗人的でブラックボックス化した業務遂行により「問題の見える化」が進まない例、慢性的な人材不足によりスタッフが疲弊していく例など、病院経営そのものがうまくいかない例が後を絶たないのです。

日立コンサルティングのサービス

当社は、このような課題を解決すべく、医療機関の経営診断を行い、その結果から効果的な経営改善、業務改善サービスをご提供します。

当社のサービスの特徴は、新たな変化を予測しつつ、日立グループが有する新たなテクノロジーや長年培ったノウハウ、豊富な導入実績を活用し、制度設計、IT活用、人・組織の見直し、設備や機器の更新など、広範囲の改善策をワンストップでご提供できることです。また、提携先の医療機関が培ったベストプラクティスなどの成功事例をテンプレートとして活用することで、スピーディに改善効果が期待できるようなご提案もしています。

私たちは日立グループの総合力を駆使し、医療分野のみならず、公共事業、鉄道・交通、エネルギー、環境、産業分野の幅広いサービスをハイブリッドに組み合わせることにより、メディカルツーリズムの立ち上げや医療を核としたまちづくり支援、医療データを活用した製薬会社や保険会社での新サービス創出など、業界を越えた企業間の協創ビジネスの創出に挑んでいます。

日立コンサルティングの役割と実行までのフロー
画像を拡大する (新規ウィンドウを表示)

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら