ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

公共

複雑さを増す社会問題

少子高齢化による人口動態の変化、価値観やライフスタイルの多様化、経済のグローバル化と相互依存性の向上、地球レベルでの環境問題など、社会構造は大きく変わってきています。しかるに、現在の日本は、国や地方自治体の根幹となる分野において、高度に複雑な課題に直面したまま、将来への漠然な不安を抱え、閉塞しています。

  • 増加の一途をたどる公債残高に対して財政健全化への筋道を如何につけるか
  • 超少子高齢化社会において持続可能で信頼ある社会保障制度のあり方とは
  • 経済成長に向けたイノベーション促進や海外市場開拓等での公共機関の役割とは
  • 限られた予算の中での公共サービスの生産性と品質の向上をどう実現するか
  • 国と地方自治体における責任と役割分担、各々の統治機構のあるべき姿とは

課題解決の実行力

課題先進国と言われ、日本の課題解決力が問われている中、日立コンサルティングの価値は、まさに課題解決に対する実行力にあります。日立コンサルティングは、最適な政策形成と、それを理念・目的通りに実現することにこだわり、各種政策テーマに関する調査研究やコンサルティング、および実行推進支援等を提供しています。

  • 公共機関や学識有識者等の多岐に渡るステークホルダーとのリレーションシップに基づく政策形成に対する実行力
  • その政策を新しい社会インフラとして構築・浸透させるための日立グループとの連携、知見、技術に基づく実行力

法制度、オペレーション、先進技術による最適解

日立コンサルティングのプロフェッショナルは、担当する政策テーマ毎に チームを組み、「法制度自体や社会課題に関する知識・知見」、「法制度を運用する業務・システムに関するノウハウ・経験」、そして「先進的技術や各種ステークホルダーを含む関連動向に関する洞察」の主に3つについて、日々探究と研鑽に取り組んでいます。

これは、「法や制度の観点のみで解決策を立案しても、運用面で困難な実情があれば結果として課題解決は実現できない。或いは、現状の業務・システムへの先進的技術適用など創意工夫・新たな活用の発想によって、より効率的・効果的に社会課題の解決が実現できる。」という経験則に基づいており、課題解決の実現性や成功率を高めるために、3つの観点から最適解を導出するアプローチを採用しています。

サービス概要

政策形成支援から最後の実現まで。政策や事業の各種ステージに応じ、幅広いサービスを提供しています。

サービス一覧はこちら

取組みテーマ概要

税や社会保障の制度改革、経済成長に向けたICT利活用など、様々な政策テーマに取組んでいます。

テーマ一覧はこちら