ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

コラム執筆コンサルタント

永元 隆雄

昭和17(1942)年における労働者年金保険法の発足に伴って創設された公的年金制度は、その後「国民皆年金」へと姿を変え、現在では国民生活を支える重要なインフラとなっております。
一方で、制度創設以降、我が国では少子高齢化や働き方・暮らし方の多様化など様々な環境変化が起きており、公的年金制度においても変化に順応していく必要性が高まっております。
こうした状況を踏まえ、今後の公的年金制度の在り方及び実現方法について、発信していきます。

※記載内容(所属部署・役職を含む)は制作当時のものです。