ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

アナリティクス構想策定コンサルティング

日立グループ内外における導入ユースケースをベースにアナリティクスの業務適用をサポート

ビジネス活用が期待されるアナリティクス

AI、機械学習などの技術的な発展を背景に、各種アナリティクスをビジネスに適用したいと考える企業が増加しています。日立コンサルティングは、日立グループ内外の豊富なユースケースをベースに、アナリティクスを効率的に活用した課題解決を支援します。

ビジネス活用が期待されるアナリティクスのイメージ図

本サービスの特長

シナリオベースでの目標設定

日立グループ内外の事例をベースに「アナリティクス活用シナリオ」をテンプレート化。経営貢献効果とそのKPIをリスト化したものをたたき台として、効率的な議論が可能になります。

アナリティクス導入の現状チェックリスト

データ取得・整理に向けた阻害要因とアナリティクス導入に必要となる整備事項を確認するためのチェックリストを活用することで、効率的に現状を把握できます。

簡易分析による真の課題設定

従来のヒアリングと組み合わせ、既存データをインプットとした簡易分析結果も利用して課題傾向を確認していくことで、より精度の高い課題検討を実施します。

部門横断プロジェクトの豊富な実績

アナリティクスを適用した業務改革を推進するにあたり、製造業における生産管理、生産技術、品質保証、設計、販売・サービスの部門と、IT部門との役割分担の検討とプロジェクトの推進も支援します。

アナリティクス導入計画策定のアプローチ

ユースケースから導出した知見・ノウハウ、簡易分析結果を活用して検討

過去のノウハウを汎用化して、アナリティクス導入に向けてクリアすべき条件、検討ポイントをあらかじめ把握できるようにしているため、効率的なプロジェクト推進が可能となります。また簡易分析を実施した場合は、分析結果を活用した課題検討を実施します。

ユースケースから導出した知見・ノウハウ、簡易分析結果を活用して検討のイメージ図

分析目的、既存データ状況に応じた計画の策定

アナリティクスのビジネス適用計画を、分析目的、データの整備状況に応じて、すぐに効果を出す短期テーマ、アナリティクスを活用して最終的に実現したい中長期テーマに分けて策定します。

分析目的、既存データ状況に応じた計画の策定のイメージ図

  • POC:Proof Of Concept(概念実証)

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。