ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

健康リスク活用支援コンサルティングサービス

個々人の健康特性に応じたサービスを活用

健康リスクの事業活用機会の発掘から活用効果の検証、業務への組み込みまでを支援

急速な少子高齢化や医療技術の高度化に伴う医療費の増加が、日本社会の深刻な問題となっています。
企業にとっては、医療費に加え事業を担う労働力の確保も大きな課題であるため、従業員の健康を価値あるものと考え、健康により生産性を向上させ人材求心力を高めることが必要とされているのです。ここで有効となるのが、一人一人の健康特性を踏まえて健康価値を定量化し、病気発症前に日常生活や健診結果から疾病リスクや負担費用、さらには従業員の健康状態による企業の継続性まで評価し、「健康リスク」として顕在化させる方法です。日立コンサルティングは、企業価値向上につながる健康経営の実現に貢献するため、「健康リスク」の活用を提案しています。また「健康リスク」を活用した新規事業の企画・開発も支援いたします。

  • ※本サービスでは、健康情報の分析に強みを発揮する株式会社レグラルと提携しています。

サービスの内容

構想 健康リスク活用機会の発掘 貴社の事業における健康リスクの活用機会を見つけ出し、
活用方法とともにロードマップとして整理します。
PoC 健康リスク活用効果の検証 期待した健康リスクの活用効果が創出されるかを検証する
PoCの実施計画を策定し、実現可能性を検証します。
実装 業務への組み込みの設計 本格導入に向けた課題を整理し、既存事業と並立する
導入計画を策定し、プロジェクトの推進を支援します。

健康リスク予測システム「マイリスク™」との連携

マイリスク™

健康リスクを企業経営や事業運営に最大限に活用するためには、多用途に活用できる具体的なリスク指標とその評価技術が必要です。レグラル社の健康リスク予測システム「マイリスク™」では、大規模なデータに基づく評価ロジックと分かりやすいリスク指標、シミュレーションなど多様な機能のほか、継続的な健康改善へのモチベーションアップに有効なさまざまなメニューが用意されています。

マイリスク™のイメージ図

健康リスク顕在化モデル

健康に関する因果関係をモデル化(健康リスク顕在化モデル)。さまざまな用途に活用し、ヘルスケアを取り巻く諸問題に予防的に対応していきます。

健康リスク顕在化モデルのイメージ図

マイリスク™を活用した新規事業例

従業員の健康向上から企業価値向上をめざす健康経営のサポートのほか、製薬・保険・医療など幅広い業種業界に対して、マイリスク™を活用した顧客サービスや健康リスク情報を活用したサービスの企画・開発をご支援させていただきます。

マイリスク™を活用した新規事業例のイメージ図

  • API:Application Programming Interface
  • ※「マイリスク™」は株式会社レグラルの商標です。

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。