ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

HRテクノロジー・コンサルティング

デジタル技術を活用し、人財のパフォーマンス向上、健康促進や人事関連業務の高度化・効率化を支援

労働人口減少に伴う人財獲得競争の激化、長時間残業に関する規制強化、メンタルヘルスケア対策の法令化、健康経営銘柄への公表など、「人財」に関連した経営課題の解決がこれまで以上に重要性を増してきています。
「HRテクノロジー・コンサルティング」は、人工知能(AI)やセンシングなどのデジタル技術を活用し、人財(Human Resource)に関する経営課題を解決するコンサルティングサービスです。人事関連業務の高度化や効率化、新しい働き方を支える環境整備の支援を通して、従業員のパフォーマンス向上や人事部門の変革を担います。

お客様の課題

次のようなお悩みを抱えるお客様にお勧めします。

  • 組織と個人を両方成長させるための人財配置、キャリアプランを提示できない。
  • メンタルヘルス罹病(りびょう)率、離職率、長時間労働を改善する手段が分からない。
  • 創造性や生産性、エンゲージメントを高める職場環境や働き方を提示できない。
  • 健康経営銘柄として選定されたいが何をしてよいのか分からない。

従来の人事は、従業員の採用から退職までの中長期的な人事イベントを支える業務で構成されており、主として扱う情報は定性的なものでした。一方、これからの人事は、それらに加え、職場環境や日々の働き方の改善もスコープとし、定量的な情報分析を踏まえた施策立案・評価が求められることが予測されます。

サービスの内容

人財のパフォーマンス向上・健康促進や人事関連業務の高度化・効率化に向け、「見える化」「モデル化」「オペレーション化」を提供します。

期待効果

人財基盤強化(成長・価値向上への貢献)

  • 次世代コア人財の獲得、離職率の低減
  • ハイパフォーマーの特徴を明確化し、組織力をレベルアップ

コスト改善

  • 人事関連業務の効率化
  • 採用、休職、退職対応関連のコスト削減
  • 人財の生産性向上

コンプライアンス遵守

  • 労働に関する法律の遵守(長時間労働の撲滅、メンタルヘルス罹病(りびょう)率の低減)

ビジネスへの適用例

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。