ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

デジタル技術を活用した長時間労働防止コンサルティング

デジタル技術で働き方を見える化し効果的な施策導入を支援する

労働時間の縮減にとどまらない働き方や業務の見直し、環境整備をサポート

今、過重労働防止に社会の強い関心が集まっています。労働時間の縮減が喫緊の課題となっていますが、その一方で、業務レベルの維持・向上が継続して求められているため、生産性や組織に対する結び付き(エンゲージメント)を高める取り組みも必要であると考えられています。
日立コンサルティングは、日立グループのデジタル技術を活用し、労働時間の縮減と生産性向上を両立するための施策立案、実行、定着化までをご支援します。

お客様の課題

次のようなお悩みを持つお客様にお勧めします。

  • 健康経営推進の一環として労働時間の縮減に取り組み、従業員満足度を高めたい
  • 従業員の働き方を見える化し、付加価値の高い非定型業務へと働き方をシフトしたい
  • 過重労働を防止してコンプライアンス遵守に努め、会社のブランド力を強化したい

サービスの特長

1 労働時間と組織活性度などにより従業員の働き方を見える化

労働時間のほか、光トポグラフィ技術による脳活動計測データやウェアラブルセンサで得た行動情報から算出した組織活性度などを基に、貴社の従業員の働き方を見える化します。

2 働き方に応じたデジタル技術を活用した施策を立案

働き方の分類に応じて、日立グループのデジタル技術を活用した施策の導入を支援します。

サービスの特長のイメージ図

サービス概要

お客さまの課題の状況に応じたサービスを、日立グループと連携して提供します。

サービス概要のイメージ図

*1
人数に応じて試行期間が異なる場合があります。
*2
試行フェーズの結果や導入ソリューションの数に応じて変動する場合があります。

成果物イメージ

日立グループのデジタル技術を活用し、部門ごと、個人ごとに働き方を定量的に分析。改善施策導入前後の働き方を比較することで、施策効果を検証・評価します。

成果物イメージ図

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。