ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

GHG削減目標の設定から実際の低炭素化
再エネ導入・対外発信まで包括的なサービスを提供

気候変動を取り巻く市場背景

パリ協定以降、企業の気候変動に対する取り組みが加速しています。その背景にあるのは、自社で使う電力を100%再エネでまかなう「RE100」、パリ協定で定められた目標に整合した目標を設定した企業を認定する「SBT(science based targets)」、世界中の大手機関投資家から高い注目を受ける「CDP(Carbon Discloser Project)」など、気候変動に対する対応をしっかり行っている企業にはチャンス(一方、十分に行えていない企業に関してはリスク)となる、さまざまな制度です。国際的な機関投資家のESG投資への関心が高まる中、効果的な低炭素化・再生可能エネルギー導入に向けたロードマップを構築する試みが各社で始まっています。

  • * 課題の状況や拠点の立地に応じ、日立グループをはじめとした現地パートナー企業と連携し、ご支援します。

企業に求められる対応や施策

企業に求められる対応や施策のイメージ図

日立コンサルティングの強み

気候変動対策への関心が高まる中、企業にとって重要なのは地球環境保護への真摯な姿勢と、低炭素時代においても順調に成長していけることを示すことです。日立コンサルティングは、設備導入からデジタル化まで、国内、海外で多数のエネルギーコンサルティングを手がけた日立だからできる、低炭素・脱炭素ソリューションを提供します。

  • 再エネ機器の導入可否判断、電力外部調達の可能性判断などにより、効果的なエネルギー調達計画を策定します
  • RE100やSBTなど、企業価値を高めるさまざまなアクション・イニシアチブに向けた取り組みを支援します
  • 海外拠点への省エネ設備・再エネ設備の導入など、海外事業展開を支援します

気候変動対策を通じた自社の価値向上を継続的に支援

低炭素事業領域のサービスラインアップ

エネルギーの創出から消費に至るトレンドを把握したうえで、GHG排出量の算定、中長期削減計画の策定、省エネ・再エネ設備の導入支援、各種レポーティング作成支援、そしてESG投資に向けた自社アピールまで幅広いサービスでお応えします。

低炭素事業領域のサービスラインアップのイメージ図

GHG算定支援
  • スコープ1〜3 排出量算定支援
  • 算定データ収集にかかる体制づくり支援  など
中長期削減計画策定支援
  • 「2℃目標」に整合した目標設定支援
  • 計画実行支援
  • 進捗管理  など
再エネ・省エネ設備導入支援
  • 補助金など制度紹介
  • 費用シミュレーション
  • 現地調査
  • 効果算定
  • 海外の設備導入支援  など
外部調達支援
  • 再エネ外部調達支援
  • 各種証書の紹介
  • 低炭素電力購入契約支援  など
CDP対応支援
  • 排出量算定支援
  • 回答支援  など
SBT対応支援
  • 目標値策定支援
  • 排出量算出支援
  • 目標達成支援  など
RE100対応支援
  • 加盟検討企業の意思決定支援
  • 電力ポートフォリオ策定支援
  • 報告書作成支援  など
対外発信支援
  • マルチステークホルダー向けにSDGs対応/企業価値向上などの視点での対外発信支援

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。