ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

ワークスタイル変革は、経営層からのトップダウンによる方向性・ゴールの提示と、従業員の「理解・賛同・実践」につながるボトムアップ活動の両立なくしては、実現が困難です。
従業員ごとに働き方に対する問題意識や当事者意識は異なるため、日立コンサルティングでは、ワークスタイル変革の実現には、トップダウンとボトムアップの両輪による組織のチェンジマネジメントが最も重要な取り組みだと考えています。貴社の課題抽出から施策立案、効果・変革状況の可視化で、新たなワークスタイルの迅速な定着化を支援します。

ワークスタイル変革の実現を見える化で支援

お客様の課題

次のようなお悩みを抱えるお客様にお勧めします。

  • 経営課題とワークスタイルの課題の整理・紐付けができていない
  • さまざまなITツールを導入したが十分に使われていない
  • ワークスタイル変革が経営課題の解決にどのように寄与するかが分からない

サービスの内容

本サービスは、お客様の課題を踏まえてワークスタイル変革の目標を設定し、定着化に向けたPDCAサイクルの確立を図るものです。基本的には「現状把握」「目標効果設定」「定着化」の3つのフェーズが必要ですが、貴社の検討状況に応じてフェーズ単位でのご提供も可能です。

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。