ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

経営的な視点から従業員の健康管理を戦略的に実践する「健康経営」が注目されています。これは、厚生労働省が企業などの職場におけるストレスチェックを義務化したことや、経済産業省が『企業の「健康投資」ガイドブック』を発行し、従業員の健康維保持・増進を推奨していることなどに端を発しています。
「ヒューマンセンシング活用コンサルティング」は、企業の健康経営実現に向け、活力ある職場づくりから職場のリスクマネジメントまでを支援するものです。ワークスタイル改革を通じて職場の活力と業績の向上を両立することで、事業発展につながるイノベーション促進に貢献します。

「健康経営」は、特定非営利活動法人 健康経営研究会の登録商標です。

活力と業績の向上を両立するワークスタイル改革を実現!

サービスの特徴

本サービスは、光トポグラフィ技術を用いた携帯型脳活動計測装置を活用して、従業員の気分計測を簡易に行うことで、今まで見ることができなかった従業員の活力を可視化し、これを業務データ(業績、労働環境情報など)と関連付けて現状を分析するものです。また人事制度に対する支援として、団体長期障害所得補償保険をご紹介します。

日立キャピタル損害保険株式会社からの紹介になります。

サービスの特徴

サービスの内容

本サービスは「基本サービス」「オプションサービス」「保険サービス」で構成しています。「保険サービス」は、日立キャピタル損害保険株式会社からご紹介させていただきます。

サービスの内容

サービスの内容

サービスの利用手順

サービスの利用手順

※1
計測を100名規模で実施した場合。人数、計測場所などの内容に応じて計測期間が異なる場合があります。
※2
携帯型脳活動計測装置を頭部に装着し、専用プログラム(簡易なゲーム)を実施いただきます。計測時間は約5〜6分です。
※3
保険加入に必要なデータ・資料等の提供状況に応じて変動する場合があります。

関連コラム紹介

脳科学をビジネスへ

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。