ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

業務改革の先導役となるITエンジニア育成のための「上流工程スキル」強化を支援

事業環境の劇的かつ継続的な変化と情報技術の急速な革新を背景に、情報システムを活用した業務改革が急増しています。これに伴い、ITエンジニアにはシステム開発における上流工程のスキル強化が求められています。 当社では、日立独自の方法論と多数のプロジェクト実績を基に研修カリキュラムを構築。ITエンジニアの「上流工程スキル」強化を支援します。

お客さまの課題

次のようなお悩みを持つお客さまにお勧めします。

  • 経営改革や業務改革に直結するようなシステム化すべきテーマが起案できない
  • 業務の改善・改革に効果的で実現性の高い問題/課題の分析、解決策立案ができない
  • 業務部門との日常的なコミュニケーションや、真意をくんだ改善アクションに問題を感じる

サービスの特長

1 日立独自の方法論をベースにした研修カリキュラム

上流工程を効率よく実施するために開発した当社独自の方法論をベースとした研修カリキュラムをご提供します。

2 プロジェクト事例を用いた実践的なケーススタディ

単なる方法論の解説だけではなく、実際のプロジェクト事例をケーススタディとした実践的なトレーニングです。

3 プロジェクト経験豊富なコンサルタントによる講義

上流工程の豊富なプロジェクト経験を有するコンサルタントが、経験談を交えて講義・アドバイスをします。

ITエンジニアに必要な上流工程スキル

ITエンジニアに必要な上流工程スキルのイメージ図

上流工程スキルを強化するためのポイント

  1. 上流工程を進める際の知識(考え方、手順、ワークシート活用)を標準化する
  2. 技法の内容と必要スキルを理解するための研修を実施する(OFF‐JT)
  3. 技法を活用するための実践的なスキルを、実際のプロジェクトを通して習得する(OJT)
  4. それぞれの担当者が経験した事例や習得したノウハウを組織的に共有する

上流工程スキルを強化するためのポイントのイメージ図

研修サービスの概要

研修サービスの概要

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。