ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

発電領域

Power Generation

市場背景 〜設備型産業からサービス型産業へ〜

国内需要の先細りやICTの技術革新を背景に、発電事業は設備型産業からサービス型産業へとシフトしようとしています。グローバルにおいては、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などの先進技術を取り入れ、高付加価値なICTサービスを提供していくことが発電領域のトレンドとなっています。
例えば「火力発電」。環境効率に優れたガスタービンと蒸気タービンを組み合わせたコンバインドサイクル発電が増えていますが、設備などに異常が発生して稼働が停止してしまうと、市場に対するインパクトが大きいため、いかに未然に異常を検知・発見できるかが重要な課題です。そこでIoTやAIを使ってガスタービンの異常予兆を検知する取り組みが進められています。また「水力発電」を、発電量の変動が激しい「太陽光発電」「風力発電」などとの電源組み合わせに利用するなど、ICTを使った高度な制御や全体最適化への動きが顕著になっています。

発電事業者の課題

発電事業者の課題

日立コンサルティングの強み 〜実態を熟知したうえで包括的なサービスを提供〜

日立コンサルティングは、発電事業者とメーカーの双方を支援しています。どのようにすればIoTやAIなどの先進技術を使って効果的なサービスを提供できるのか、発電事業者と需要家のメリットをどうやってつくり出すかなどを一緒に検討していきます。検討時には特定の企業にとらわれることなく、ITベンダーはもちろん、これまで発電とのビジネス関係が希薄であったようなメーカーとも協業しながら、新しい価値を生み出すビジネスエコシステムの構築を支援し、最終的な成果をコミットメントしてまいります。
私たちには日立製作所の社会インフラ事業において、コンサルティングサービスを提供し、そしてプロジェクトの成功まで共に歩んできた長年の経験があります。発電設備の稼働や保守・メンテナンスの状況など、実態を熟知したうえで、戦略の立案からITの活用、保全方法まで包括的なサービスを提案できる数少ないコンサルティングファームであること、これが私たちの強みです。

発電領域のサービスラインアップ

自由化対応(BPR/システム)

発電事業者や関係各社へ、電力小売全面自由化などの制度変更に伴う業務の見直しやシステムの再構築、今後の送配電事業の独立に伴う変化や透明性の確保などを支援します。

IoT/設備保全ソリューション

設備から稼働情報を収集し、異常の予兆を捉えるIoTプラットフォームを構築。保守計画の立案まで支援します。

マーケティング・ブランディング

発電事業者やメーカーが新しいサービスをグローバルに展開する際に欠かせないマーケティングやブランディングをお手伝いします。ソリューションの体系づくりや社内教育などもお任せください。

エネルギートレーディング

発電燃料の調達先はどこが適切なのか、リスクマネジメントしながら上流のエネルギートレーディングを支援。システム化も支援します。

発電領域のサービスラインアップ

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。