ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

人工知能活用で新たなビジネスを企画する時代

自動車の自動運転試験やロボットによる接客、囲碁のプロ棋士との対局など、多方面にわたる人工知能(AI)の活躍がニュースで取り上げられています。
人工知能エンジンそのもの、人とのインターフェース機能、センサーなどのデータ取得機能、これらが進化し組み合わさることで人工知能の活用シーンは拡大しており、今後も技術の進展にあわせ継続的に発展していくことが予測されます。
”人工知能をいち早くビジネスに取り込み、新たな変革を率先して進められるか?”これがこれからの経営の鍵となっていきます。

人工知能の中長期的な技術動向・技術の発展と連動した人工知能活用の広がりイメージ図
画像を拡大する (新規ウィンドウを表示)

人工知能の活用に向けて

人工知能活用に向けては、人工知能にできることや得意な領域などを理解したうえで、自社業務における活用方法を検討する必要があると考えています。これに加え、人工知能は現在も発展し続けている領域であることから、人工知能技術の成熟度や中長期的な動向なども意識する必要があります。
弊社では人工知能に関わる各種事例調査や過去の実案件を基に、活用方法や適用時のリスクなどを分類することで、お客さまのニーズに合致する人工知能の活用パターンを整理し、実現実績を積み重ねています。

人工知能の活用タイプ・特徴・代表的な機能の表

人工知能活用アセスメントサービス

弊社では、貴社に適合した人工知能の活用を実現するために「人工知能活用アセスメントサービス」を提供しています。本サービスを通じて、現状調査から具体的な計画策定まで、弊社知見と実績をベースに効率的なプロジェクト推進を支援します。

サービス導入フロー図

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

コンサルタントを志す皆様へ 〜 採用情報 〜

ナレッジ&コラム