ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

デジタル時代に勝ち残るビジネスの創造に向けて

デジタル技術の進化に伴い、「SMACS」と呼ばれるテクノロジー、つまりソーシャル(Social)、モバイル(Mobile)、アナリティクス(Analytics)、クラウド(Cloud)、センサー(Sensor)の活用がより当たり前となる時代になっています。
これからのデジタル時代は、あらゆる情報が仮想空間に蓄積され、AIが仮想空間の情報を基に判断を行い、現実世界へフィードバックする、そのようなことが当たり前となっていくと時代と考えられます。
来たるデジタル時代で勝ち残るためにどのようにビジネスを変革していくか?これからの経営は、“ビジネスをいかにデジタルな世界にトランスフォーメーションさせていくか ”が鍵となっていきます。

企業におけるテクノロジー利用の変遷

これまで企業はビジネスにテクノロジーを利用し、競争力を強化してきました。テクノロジーをビジネスに活かす事で、競争力の確立や新たなビジネスの創出を行い、市場での競争を生きてきたといえます。
今後訪れるデジタル時代においても、新たな時代に合わせてテクノロジーを活用し、新たなビジネスの創造、競争力強化を目指す必要があります。

企業におけるテクノロジー利用の変遷のイメージ図

デジタルな世界の構成

デジタル世界では、現実世界のあらゆる情報がソーシャル、ウェアラブルセンサー、IoTなどを通じてデータとして世界に蓄積されます。仮想世界で蓄積されたデータを基に判断・処理を行い、現実世界へのフィードバックを行い、それらが現実世界を変容させ、変化した現実世界の情報は、更に仮想世界が蓄積され再度処理される、このような循環がデジタル世界では行われると考えられます。
今後は、現実世界と仮想世界の循環をいかに自社のビジネス・業務に取り込み競争優位を構築するかが鍵となると考えます。

デジタルな世界の構成のイメージ図

ビジネスへの適用例

ビジネスへの適用例

関連コラム

脳科学をビジネスへ

FinTechが社会を、暮らしを変える

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

FinTechが社会を、暮らしを変える

コンサルタントを志す皆様へ 〜 採用情報 〜

ナレッジ&コラム