ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

グローバルIT基本方針策定コンサルティング

ビジネスを加速・拡大するITアーキテクチャの実現

ビジネス戦略の推進を支えるITのあり方を策定

情報システム、IT組織、マネジメントの構造や配置を示し実現をサポート

本コンサルティングサービスの特長

グローバルでのビジネスを成功に導くためには、市場や自社及び他社の状況、各国・地域の環境などに基づいて事業戦略を適宜見直し、新規拠点での事業立上げ、拡大や縮小、M&Aなど、様々な施策を素早く実行していくことが求められます。そして、そのためには、変化に柔軟かつ迅速に対応可能なITアーキテクチャの実現が欠かせません。
本コンサルティングサービスでは、事業戦略の推進を支えるITのあり方を基本方針として策定し、ITサービス、情報システム、ITガバナンス、情報システム部門の目指すべき構造や配置を示して、その実現に向けたロードマップを描きます。

ビジネス戦略に合致した“グローカル”IT

グローバルの視点でITの効率化を図る一方、各国・地域のビジネスやITの環境、法制度などへの対応も必要です。グローバル共通領域、ローカル固有領域を明確化し、IT投資を最適化する仕組みを作ります。

環境変化に即応できるアーキテクチャ

海外事業においては、現地の状況に応じてビジネスの拡大・縮小を瞬時に判断し、実行していく必要があります。ビジネス環境の変化に柔軟に対応可能なITアーキテクチャを策定し、その実現をサポートします。

ITの有効活用をドライブするガバナンス

目指すべきITアーキテクチャを描いただけでは、実際にそれを実現することはできません。グローバルITアーキテクチャの実現に向けて、ガバナンスを効かせ推進するための体制と役割、施策を立案します。

情報システム部門自体のグローバル化

事業戦略の推進をIT面から支えるため、情報システム部門にもグローバルでの対応が求められます。グループ会社を含めた組織構造や役割、体制の将来像を明確にし、実現に向けた取組みをサポートします。

グローバルITマネジメントのフレームワーク

企業がグローバルに事業を展開し発展していくためには、それを支えるITを適切にマネジメントすることが重要です。下図はグローバルITマネジメントのフレームワークを示しています。本コンサルティングサービスでは、グローバルでの最適化に向けたIT基本方針の策定を行います。

グローバルITマネジメントのフレームワークのイメージ図

グローバルITマネジメントの実現に向けた進め方

  • 弊社ノウハウに基づく仮説設定と貴社とのディスカッションを繰返し、現状とのGapを踏まえた実現性のあるIT基本方針、目指す姿、ロードマップを策定します。
  • 日立グループ各社と連携し、マスタプランに基づいた施策の展開・推進を一貫して支援します。

グローバルITマネジメントの実現に向けた進め方のイメージ図

主要成果物ドキュメント(例)

主要成果物ドキュメント(例)のイメージ図

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。