ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

中国・インドを中心とするアジアの新興国は、近年の経済発展によりグローバル経済全体を牽引する役割を担うほどの経済成長を遂げています。その発展凄まじい市場の獲得をめざし、日本の製造業の海外進出は大企業を支える町工場のような中小企業にまで及んでいます。

また、高い法人税や電気料金、円高など、日本経済を襲う「六重苦」解消のため、日本の製造業は生産拠点の海外移転を加速させています。

日立コンサルティングは日立グループの40年以上、550社を超える海外拠点設立の実績とネットワークを総動員し、日本のモノづくり企業の海外進出を、貴社のニーズに合わせワンストップで支援いたします。

進出前後のステップと代表的な重要項目

Plan/Do/Check Action

海外進出のプロジェクトフェーズ(一般的な例)

海外進出プロジェクトを推進するには対象国・地域の文化、商習慣、カントリーリスク等の調査を実施し課題を把握した上で、事業立上、事業開始、事業拡大、地域拡大など様々なフェーズをクリアすることが必要です。日立コンサルティングの海外進出支援サービスでは、経験豊富なコンサルタントにより全フェーズにおける課題を解決いたします。

*それぞれのフェーズ毎のサポートもいたします。

コンサルティング×実業

既に海外において成功を収めている企業であれば、過去のノウハウを活かして組織的・効率的に海外へ進出できる場合もありますが、こうした準備作業に十分な人的リソースを配分できない企業も多いのではないかと考えます。

わたしたちは企業の海外進出における全ての作業工程において、1人ひとりのコンサルタントが日立グループの実業における経験やノウハウを活かして事業成功に向けた支援を行ないます。

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら