ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

MaaS事業企画コンサルティングサービス

独自のフレームワークを活用したスピーディーな「MaaSコンセプト設計・サービス企画」
日立グループのコンサルタントによる実現性を追求した「MaaS事業計画・実行計画策定」

背景:「地域の移動」に係るエコシステム高度化の必要性

近年、ICT技術を活用して、人々の日々の生活、観光や仕事における移動体験をより豊かなものにする取り組みが進められています。他方、人口減少や少子高齢化に伴う需要減、ベテランの高齢化や一斉退職・働き手不足など、事業者を取り巻く環境は厳しさを増しています。そのため自治体・金融機関・他サービス提供者とサイバー・フィジカルに連携しつつ、既存アセットを総動員してエコシステムを高度化、「地域の移動」を維持・向上していくことが重要となります。

背景:「地域の移動」に係るエコシステム高度化の必要性

アプローチ:“MaaS(Mobility as a Service)”で移動・生活サービスを再定義

このような環境変化の中、ICT技術と新たなビジネスモデルによって高度な移動サービスを提供するMaaSの導入が注目されています。私たちは、MaaSを「ICT技術の活用により、人々の好み・状況に応じ最適化された移動・生活サービスを、地域の新たなエコシステムの中で持続可能な形で実現する、Society 5.0における移動変革実現のアプローチ」、すなわち「移動のデジタライゼーション」と考えています。日立コンサルティング独自の「Society 5.0における移動変革構想フレームワーク」を用い、地域ごとの特性に応じたMaaSの導入を支援、地域の活性化に貢献します。

アプローチ:“MaaS(Mobility as a Service)”で移動・生活サービスを再定義

日立コンサルティング「Society 5.0における移動変革構想フレームワーク」の特徴

1. 移動に係る持続可能なエコシステム形成の前提となる提供側のベネフィットを追求

昨今のMaaSは利用者の価値に注目が集まりがちですが、本質は移動サービスのサステナビリティにあり、移動サービス提供者や生活サービス提供者のベネフィットはMaaS実現の前提となります。鉄道業界をはじめ、さまざまな地域のインフラと長い間、密接につながり、課題解決を支援してきた日立グループのコンサルタントが、ICT技術と既存アセットを総動員し利用側/提供側双方に価値あるMaaSの姿の具体化を支援します。

2. フレームワーク活用による作業効率化と検討期間の短縮

実績ある「Society 5.0における移動変革構想フレームワーク」を用いることで、MaaS検討に要する期間を大幅に短縮します。これは、めまぐるしく変化する世の中に追従していくためには重要な要素です。
特に、通常では検討に長い時間を要するMaaS構想。例えば「地域特性に応じた提供価値の明確化」「サービス/ビジネスモデルの具体化」「マネタイズ方法の具体化」などの場面においては、ベースとなる検討軸や参考情報がすでに整備されているため、短期間でお客さまの状況に応じた具体的な成果を出すことが可能です。

3. 技術に強い日立グループが実現性あるMaaSの具体化を支援

MaaSの導入にはICT技術の活用が欠かせません。高い技術力を持つ日立グループのコンサルタントが、お客さまに合った実現性のあるMaaS導入の姿をご提案、事業計画・実行計画に落とし込みます。
お客さまのご要望に応じて、(株)日立製作所と連携し、本検討の成果を実証実験の早期実施やMaaS時代のIT基盤のあり方の検討につなげるなど、後続まで一貫した支援を提供することが可能です。

推進プロセス

当サービスの推進プロセスの一例です。ご要望に応じてカスタマイズしてご提供します。

推進プロセス

支援事例

MaaSビジネス構想策定コンサルティングサービスは次のような方にお勧めします。

1. 交通事業者の方
MaaSに取り組む必要性は感じるが、どう進めたらよいのか悩まれている方

(具体事例)【大手私鉄】定住/交流人口拡大をめざすMaaS事業構想策定支援 など

2. 地方自治体の方
地域へのMaaS実装により、交通網を維持するとともに、外から活力を呼び込みたい方

(具体事例)【大都市】官民連携によるMaaSを含めた都市データ・プラットフォーム構想策定支援 など

3. MaaSテクノロジー・サービサーをめざす方
既存事業を発展させ、MaaSの加速を支援するソリューションを創出したい方

(具体事例)【大手IT会社】MaaS戦略策定・新サービス企画支援 など

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。