ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

グローバル規模のビジネス変革へどう取り組むか

成熟社会の到来、アジア・ヨーロッパ市場の拡大と新興国の台頭に伴う企業活動のグローバル化、資源ナショナリズムのうねり・・・。グローバル規模の急激な変革により、リーディングカンパニーのみならずアジア新興企業との市場競争が激化しています。このような劇的な環境変化の中で事業を維持・拡大するためは、継続的な経営革新が不可欠です。

継続的な経営革新の実現は“課題解決力”が決める

グローバル経営の進展は情報システムの役割を高めていますが、高度な課題解決力に基づき実現された情報システムの活用は、継続的な経営革新による競争優位性をもたらします。

経営者が求めるのは、経営革新の推進役

今や経営者は、情報システムを活用した経営革新の推進役を情報システム部門やSIerに求めています。経営課題の解決策を立案し、経営幹部や事業部門に対して提案していくには、洗練されたトレーニングに基づく高い課題解決力が必要です。

多くのコンサルタントを輩出してきた日立コンサルティングには、蓄積された“Know-How”に基づくトレーニングサービスがあります。私たちは、このサービスにより、解決策立案や提案に有効なスキルを組織レベルで向上させます。

課題解決力の強化

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら