ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立コンサルティング

収益・キャッシュフローの向上に貢献するため
“変動の的確な吸収”と“利益・キャッシュによるサプライチェーンの
コントロール”を実現する筋肉質なSCMの導入を支援

  • SCM : Supply Chain Management

急速なグローバル化とBRICsの台頭による経済の多極化により、これまで以上に広範囲でダイナミックなSCMの必要性が高まっています。一方で、グローバル経営を取り巻く環境は、景気の変動とさらなる競争の激化、製品ライフサイクルの短命化と売価の変動、原材料価格の乱高下、為替の変動、新興国市場での債権回収リスクなどを背景に、ますます厳しく、不安定なものとなってきています。
このような厳しい経営環境の中でSCMが達成すべき命題は、リードタイムが長く、かつ複数企業/部門にまたがり、コントロールが難しいという制約下において、サプライチェーンの各場面で発生するさまざまな変動を的確に吸収し、収益・キャッシュフローの向上に直接貢献することです。
当社では、SCMを「変動を的確に吸収でき、サプライチェーンを利益・キャッシュでコントロールできる仕組み」と定義し、数々のSCM改革支援実績を生かし、導入、定着化&効果刈り取り促進までを一貫してご支援いたします。

当社が考えるSCMのフレームワーク

当社が考えるSCMのフレームワークのイメージ図

  • KPI : Key Performance Indicators(重要業績評価指標)

サービスの特長

1. 豊富なSCM改革支援実績に裏打ちされた仮説検証型アプローチ

数々の実例で効果を創出した実績のある改革施策をリファレンスとして、仮説検証型で効率的に改革案を導出します。

2. ステークホルダーとの合意形成型アプローチ

利害の異なるステークホルダーが複雑に絡み合うプロジェクトでは、合意形成にこだわったアプローチにより、着実なプロジェクトの推進と改革の浸透を図ります。

3. 新業務の定着化と効果刈り取りまでの一貫サポート

新業務の確実な定着化と、KPIを駆使したパフォーマンスマネジメントの推進により、改革効果の刈り取り、継続と発展に貢献します。

サービスラインアップ

サービスラインアップのイメージ図

主な適用実績

業種 プロジェクトの概要 獲得効果
電機機器製造業/販社 在庫と物流コストの削減を目的に、製造業/販社が一体となったSCM業務プロセス、サプライチェーンの改革
  • 在庫:30%削減
  • 物流コスト:10%削減
  • 即納率:30%→90%
精密機器製造業/販社 在庫削減とリードタイム短縮を目的に、製造業/販社が一体となったSCM業務プロセスの週次化と需給コントロール機能の一元化
  • 在庫:30%削減
  • 供給リードタイム:50%削減
電子機器製造業/販社 顧客への即納率向上と在庫削減を目的に、製造業/販社が一体となったSCM業務プロセスの週次化と需給コントロール機能の一元化、サプライチェーンの改革
  • 在庫:30%削減
  • 供給リードタイム:50%削減
ゴム製品製造業/販社 欠品抑止と在庫削減の両立を目的に、製造業/販社が一体となったSCM業務プロセスの改革
  • 在庫:20%削減
  • 欠品:75%削減
  • 納期回答即答率:100%
素材製造業/代理店 在庫と物流コストの削減を目的に、製造業/代理店が一体となったSCM業務プロセス、サプライチェーンの改革
  • 在庫:23%削減
  • 物流コスト:13%削減

このサービスに関するお問い合わせは、Webフォームから送信いただけます

お問い合わせはこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。